Archive for 3月, 2015

引っ越しする際には沢山相見積もりをとる

引っ越し業者も沢山の種類があり大手の企業から地元密着型のものまで多種多様です。その中でもより安くよりサービスの良い業者を選ぶためには相見積もりが必要になります。
そこで今回はより自分が行いたい引っ越しをするために相見積もりをとる方法についてご紹介致します。


○引っ越し費用は同じ区間でも数万円違う○

まだ経験がない方には知られていませんが同じ区間でも引っ越し費用には数万円の差が生まれる場合があります。その値段の差が広がるサービスは以下の通りです。

【費用が変わるサービス内容】
・梱包は自分でやるかどうか
・荷物を運ぶのはどこまでか
・家自体に保護をかけるかどうか

まず引っ越しと言えば荷物の梱包ですがこれは会社によって様々で自分で一から十まで梱包するというものもあれば、箱の準備から梱包まで全てを業者が行ってくれるというものもあります。荷物を運ぶ区間も同じくサービスの内容で決まり、玄関前から玄関口までや部屋の中から支持にしたがって引っ越し先の部屋までなど荷物をどこまで運ぶかによっても金額が上下します。
更にこれは大手の企業によく見られるサービスですが運んでいる荷物がぶつかっても大丈夫なように家の壁や柱などをシートや緩衝材で保護するものです。大型の家電や食器棚などを運び入れる際にもし万が一ぶつかってしまうと家も荷物自体も傷ついてしまうため、一軒家への引っ越しや高級な家電がある場合にはとても多く利用されています。

同じ引っ越し業者でもコース制でサービス内容を分けている場合もあるので自分がどこまで作業してもらいたいかで選択するようにしましょう。


○御社一筋という演出はしない○

このように様々あるサービスですがこれは各業者それぞれで値段が異なるため同じ区間でも費用が違ってしまいます。同じサービスを受けるのであればかかる費用は安いに越したことはありません。そこで一番費用が少なくすむ業者を見つけるために相見積もりが必要になるのです。相見積もりとは同じ内容の見積もりを複数の企業からもらう方法でどの企業がどの金額で出してくるかによって自分にとって損にならない相手を見つけることが出来ます。
そしてこの相見積もりは企業側にとっては見比べられていると思われてしまうため相見積もりを要求する際に言葉で伝えてしまうことは避けようとする方が多いですが、引っ越し業者は相見積もりなどやって当然と考えているため事前に伝えることをおすすめします。
相見積もりもコツはきちんと同じサービスを選択することです。全く別のサービスで費用を比較検討しても意味がありません。そして相見積もりの情報は他社に絶対流さないようにしましょう。

しっかり自分が満足出来る引っ越しをするために相見積もりを駆使して自分に合った業者を見つけましょう。