引っ越しの段ボールを運ぶコツ

引っ越しでは大量の段ボールへ運び出す荷物を詰めます。引っ越しの当日は引っ越しのプロが運び出してくれますが、それまでに自分で移動させなくてはいけないこともあるでしょう。段ボールを運び出すときに気を付けたいことや、知っておくと便利な梱包のコツをご紹介します。


○段ボールは滑りやすい○

まず、段ボールは滑りやすい素材でできています。手の皮脂を吸収してしまうので思っているよりも指の力も使わないと安定して持つことができません。ゴムなどの滑り止めのついた軍手などを活用して持ち上げることで、けがなども防ぐことができます。また重たい荷物はそこが抜けてしまうこともあります。そこは十字にガムテープを貼りましょう。不安な場合は縦のガムテープを1センチメートルくらいずつずらし、二重に貼ることで強度を高めることができます。


○まとめて運ぶなら軽い荷物を下に持つ○

そこまで重たくない段ボールを2つ以上運ぶ場合であれば、軽いほうを下に、重たい段ボールを上に重ねて運び出しましょう。これは重心を高くすることで、感覚として軽くするという豆知識です。荷物の重さは変わりませんが、重心が低くなればなるほど、人間は荷物を重たく感じます。なるべく軽いものを下にして運ぶことで、重たさを感じにくくすることができます。

This entry was posted on 金曜日, 11月 8th, 2013 at 11:12 AM and is filed under 引っ越し. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.