ペットと一緒に引っ越しをするときの注意

家族にペットを迎える人が多くなったことから、引っ越しでのペットの迷子などトラブルが多くなっているようです。犬や猫などはにおいや音にも敏感ですから、大きな音や、業者の知らない人などに興奮してしまうこともあります。


引っ越し前にペットホテルに預ける

もっとも理想的なことは、引っ越し作業を行う日は、朝からペットホテルに預けておくことです。しかし引っ越し先が遠い場合や、近くに適切な場所がない場合などには、自宅で家族と一緒に移動することになりますね。車などで移動するという場合でも、絶対に車に中に、犬や猫を置き去りにするのはやめましょう。夏など温度が高くなるので、死んでしまう可能性などもあります。


お風呂場などにキャリーに入れて隔離しよう

キャリーをきちんと閉じた状態で、犬や猫は個室に隔離してあげましょう。荷物を全部出すことなどを考えるとお風呂場などが利用しやすいでしょう。お気に入りの人形やタオルなどを一緒に入れると安心するようです。キャリーを開けたときに飛び出す可能性もあるので、ハーネスもつけて、キャリーに結び付けておくといいです。キャリーを開けるときに先にハーネスをしっかりと握っておきましょう。お水やおやつなど、マメにペットの体調にも気を使ってあげてくださいね。

This entry was posted on 火曜日, 7月 1st, 2014 at 10:52 AM and is filed under 引っ越し. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.

Comments are closed.